e800の日本語フォント変更

英語版であるe800の日本語化において、フォントはMS ゴシックを使用していました。以前いくつかの種類のフォントをシステムフォントに置き換えようとトライしたことがあるのですが、とくにお気に入りだったフォントをシステムフォントに指定するとなぜかToday画面で日付のところで日本語表記の部分「月/日/年」や日本語アプリのメニューがすべて豆腐になるという状況になって、結局MSゴシックを使っていました。が、伊藤さんのitokoichi-blogをのぞかせていただいていて、どうやらその原因のようなものにあたりがついたので、早速試してみました。使ったのは「SH G30.ttc」です。伊藤さんところの記事から推測すると、このttcファイルにはどうやらビットマップデータが含まれていないようです。システムフォントに指定したときに不具合が出たのはそのせいかな?とおもったので、早速リンクをたどってビットマップデータを追加してやり、先ほどe800の\windows\に放り込んでやって、TREを使ってシステムフォントの記述を変更してやると、無事システムフォントとして表示されるようになりました。で、思い切ってMSゴシックのファイルを削除。かなり空き容量も節約することができました。しばらくはこの状態で使っていこうと思います。