確かに自己責任ってことを忘れてはいかんわな

 って、たぶん使っている人の多くはこのことを重々承知で使っていると思うのだけれど(言葉に出さないだけで)、結局自己責任という意味をわかっていない人が使うと、問題が起こったときに騒ぎになるんですよね。そういう意味では、シグマリオン3で3PHS.EXEを用いてAirH゛を使用するのは「自己責任」で行わなければならないと言うことを、ちゃんと書いておくべきですね。これが元と思われる原因でシグマリオン3が壊れても、データが飛んでも、AirH゛そのものが壊れても誰も保証してくれないんだ、というリスクはちゃんと覚悟しておかないとね。そうでないと、こういったソフトを公開してくださった作者の方にも失礼になりますよね。